終身保険の保険料の支払い方法を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
保険には様々な種類がありますが、終身保険についてお話しましょう。終身保険とは保険加入者が亡くなられたり、障害を負ってしまった時に支払われるもので、満期は無く、生涯保障されるものです。終身保険の保険料の支払い方は、支払期間が長期間ということも有り、様々な支払い方法が用意されています。「一時払い」、「月払い」、「年払い」とあり、その他にも「全期前納払い」というとても特殊な支払い方ができます。この中で自分に一番あった方法で支払うと良いのですが、全期前納払いの場合は注意したい点があります。全額先払いにするという事は、結構な金額を保険会社に預けるのですが、この金額を預貯金、もしくは投資に充てていれば金利分損をする可能性もあります。全期前納払いで支払う場合の保険料の減額分と照らしあわせて検討すると良いでしょう。

一時払いの注意点は、全期前納払いよりも保険料の支払金額は抑えられるのですが、生命保険料控除は支払った最初の年のみに適応されます。そして、保険に加入してすぐに亡くなられてしまった場合には、一時払いで支払った保険料は返還されませんので、しっかりと保障内容、メリット・デメリットを調べてから加入したいですね。終身保険は、支払期間はずっと続いてしまうのですが、定年退職後に支払いを継続するのは困難なものです。そこで、定年退職に合わせて、支払期間を自分で設定することが出来ます。この支払期間に関しては各保険会社によって違いますので、しっかりと話し合って決定するとよいでしょう。

Copyright (C)2018未来を考える保険のあり方.All rights reserved.