相続の対策にも終身保険は使うことができるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
終身保険は、入ってしまえばもう保障が切れてしまうといった可能性が全くといって良いほどないといえる保険です。終身保険は通常、保険に入っていらっしゃる方に何かあったときのために支払われる保険になりますが、違う方法で使われる方もいらっしゃるんです。

それは、相続に対する対策として使われるといった方法になります。一般的には、お金を他の人に渡すと、渡された方は相続税という税金がかかってしまい、その分のお金を納めなければならない必要が出てきます。しかし、終身保険の場合には相続に関するお金の税金が非課税になるようになっているんです。勿論、あまりにも大きすぎる金額ですと税金はかかってしまうのですが相続し、お金をもらう側の方お一人に付き500万円までは非課税となっているんです。つまり、500万円以下のお金でしたら税金はかからないようになっているんです。また、保険に入っていらっしゃる方がどなたか特定の方にのみお金を渡されたいと考えられるとします。通常であれば相続される方が複数いらっしゃる場合はそれができないんですが、終身保険の場合は違います。終身保険のお金は、あくまで保険に入られている方独自のお金とみなされるため、特定の方に対してのみお金を渡したいという場合でもそれが可能になるんです。効力も法律と同じように有効ですし強い物だともいえます。そのため、ご家族の方など特定の方に対してまとまったお金を渡したいという方にも終身保険はおすすめなんです。

Copyright (C)2018未来を考える保険のあり方.All rights reserved.